GCAを複数回に分けて購入してみた


本日は6月末の権利落ち日となります。保有銘柄でも権利落ちで年初来安値を更新する銘柄がいくつかありました。米中の貿易戦争に対する警戒で下値押しが続いている状況です。3月末の権利取りは複数の銘柄に分けて購入する戦略で臨みましたが、今回はある銘柄を複数回に分けて購入する戦略で臨みました。

スポンサーリンク

保有銘柄で買値よりも高い値で再度購入することは、基本行いません。どんな有望な銘柄でも購入して株価が上昇すれば、あとは放置で配当や優待を頂きつつ、増配や株式分割を待つ戦略で臨みます。

一度だけトライステージ(2178)を買値よりも高い値で購入したことがありますが、思い通りとはならず損切りすることになりました。今回はそのリベンジでGCA(2174)を複数回に分けて購入してみました。選んだ理由は、1株当たりの年間配当を下限35円と(中間17円50銭、期末17円50銭)している点です。すでに松井証券で保有していますが、権利取りまでに他のネット証券口座で購入してみました。

6月25日にGMOクリック証券で200株追加で購入しました。以前Casa(7196)を売却した買付余力が残っていたので、それで6月末の権利取りを行います。6月26日にSMBC日興証券で100株追加で購入しました。25日よりも株価は下落していたので、前日分よりも安く購入できていますが、松井証券で保有している値よりは割高になります。

そして本日権利落ちで年初来安値を更新しております。当然追加で購入した300株は現時点で含み損となっています。ただ海外勢の保有比率が多い銘柄なので、いずれ上昇するだろうと楽観的に考えていますが、どうなるでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー: 個別銘柄 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です