6月のポートフォリオ


2018年上半期の取引も終了しました。下落局面でいくつかの銘柄を購入しましたが、配当取りで指値を甘めに設定した銘柄のみ約定しています。それ以外の銘柄は指値まで下落することはありませんでした。

スポンサーリンク

http://woodbook.kir.jp/pf/userpf.php?usid=@onomakoto

↑上記リンクに保有株一覧があります。

3276 日本管理センター 新規購入

2174 GCA 追加購入

7177 GMOフィナンシャルグループ 新規購入

2178 トライステージ 売却

1717 明豊ファシリティワークス 一部売却

9028 ゼロ 売却

日本管理センターは配当取りとSBI証券の貸株金利が1%だったので購入しましたが、27日の貸株金利変更で0.1%へ変更されてしまいました。購入してすぐの金利変更とは…。

GCAは以前に投稿したので省略し、GMOフィナンシャルグループはGMOクリック証券の手数料割引目的で購入しました。買付余力とほぼ同額で購入できました。

トライステージは2013年に立会外分売で購入した銘柄です。昨年は1:4の株式分割を実施し、2017年の配当利回りは8%でした。ただ株価は2017年の分割後は、下落する状況がつづいています。配当も減配し来年まで保有するよりも、他の銘柄の乗り換える方が得策と考えすべての株式を売却しました。

明豊ファシリティワークスはSBI証券保有分を売却、貸株金利の高い銘柄へのシフトを考えての売却です。ゼロは権利取り後、すぐに売却しました。2015年10月に購入した銘柄で、2017年の配当利回りは5.30%、2017年8月を天井に株価は右肩下がりです。業績悪化に伴い、今期の年間配当を従来計画の50円→30.1円(前期は51.9円)に大幅減額修正したのが売却理由です。

スポンサーリンク

カテゴリー: 日本株式ポートフォリオ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です