トルコリラ撤退戦 利上げから利下げまで予想が分かれるトルコ中銀政策金利発表

Pocket

毎日暑い日が続いており体調を管理するのも一苦労です。本日はトルコ中銀から政策金利の発表が、日本時間20時にありました。予想は利上げから利下げまで分かれていますが、利上げ1%、1.25%、据え置き辺りが多い状況でした。

スポンサーリンク

金利発表前のトルコリラ円は、23.3円台辺りで推移しておりました。前回損切りしたのは24円台半ば辺りだったので、24円50銭以上であれば損切り決済をする予定でした。23.3円から1円以上上昇するには、利上げは必須でそれ以上の何かがないと難しいレベルです。

前回と異なり今回のトルコ中銀の政策金利発表に、サプライズを期待するのは難しいと内心では思っていました。ただ微かな望みを持って20時を迎えます。23.3円台で推移していたトルコリラ円は、22円台へ急降下します。すぐに結果は分からないので、利上げ幅が小さいので下落したのかと思いましたが、結果は据え置くことを決めたと発表を見て落胆しました。

今回の金利据え置き発表で今後トルコ中銀が、利上げをする可能性はかなり低くなったように思います。ただ発表後の急落で今年5月につけた最安値を下回ることはありませんでした。ここは焦って売却せず、一時的でもトルコリラ円24円台へ反発するような展開があれば、少しずつ損切りしていきたいと思います。

それまでは日々スワップポイントを頂き少しでも損失を補填することに努め、年内にすべてのトルコリラ円のロングポジションを決済してみたいと考えています。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です