WealthNaviの特集を見て

Pocket

本日はSBI証券の貸株金利の変更銘柄が発表される水曜日です。保有銘柄ではノダ(7879)の金利が2%から3%へ変更されていました。あと今月購入したNTTデータイントラマート(3850)が、8月1日にマザーズ市場から東証第二部へ市場変更すると本日発表がありました。昨日のFXで残念な結果だっただけに、本日の保有銘柄の市場変更は素直に嬉しいです。

スポンサーリンク

本日の早朝テレビ東京のモーサテの特集、常識をくつがえす起業家たち(1)「ウェルスナビ」は興味深く見てしまいました。

働く世代向けの資産運用サービスを始めたのは元財務省官僚の“超エリート”です。少子高齢化が進む中で、これまで日本になかった「新しい金融サービス」をつくりたいといいます。会社を立ち上げた若手社長、一体どんな人物なのでしょうか。

ウェルスナビ株式会社の設立は、2015年4月でモーサテで話されていたのは代表取締役の柴山 和久社長です。

WealthNavi(ウェルスナビ)は、相場の動向に惑わされず人間に代わりすべて自動で資産運用を行うそうで、長期・積立・分散投資を基本にしているようです。一番の売りはスマホで6つの質問に答えるだけで、運用プランを提案する点でしょう。資本提携先にメガバンクの名前が並んでいます。

世界中の資産に分散投資しながら、中長期的に世界経済の成長率を上回るリターンを得ることを目指しますと至れり尽くせりです。ただネットで調べると手数料の高さや、為替の影響をどの程度受けるのかなどの問題があるようです。

投資初心者には便利かも知れませんが、結局のところ自分で何も考えず丸投げでは、達成感のようなものは得られないでしょう。スマホで自動資産運用を行うよりも、ちょっとした空き時間に株価や為替レートを確認して、少しでも自分で考える方が投資の経験値は上昇すると思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です