値上がり率上位50に保有5銘柄がランクイン 珍しく好調な株式

Pocket

本日は7月末の権利落ち日となります。権利取りで監視していた銘柄はありましたが、下落待ちの指値注文は約定せず本日になってしまいました。月初に売買の約定が集中して「今月は忙しくなるのでは?」と期待しましたが、月末近くになるといつも通りの指値注文失効が続く状況です。

スポンサーリンク

決算発表で値動きが大きくなる銘柄も散見されます。中長期投資なので日々の株価に一喜一憂しても仕方ないとは思いつつ、保有銘柄が値上がり率の上位に入っていれば素直に嬉しいです。本日は保有銘柄で上昇率が高い銘柄が複数あったので、値上がり率上位50を確認してみると5銘柄がランクインしていました。

  • 2位 ネットワンシステムズ(7518) 前日比 +20.60% +416
  • 14位 システナ(2317) 前日比 +10.90% +139
  • 22位 たけびし(7510) 前日比 +7.77% +126
  • 28位 日本バルカー工業(7995) 前日比 +7.32% +240
  • 43位 NTTデータイントラマート(3850) 前日比 +5.89% +129

ちなみに値下がり率上位50に保有銘柄はありませんでした。

ストップ高で引ける銘柄よりも、決算内容が好感されて上昇する銘柄の方が今後に期待が持てます。短期売買であればストップ高になるような銘柄の方が好まれるかもしれません。頻繁に売買を行わない中長期投資では、会社の成長をじっくり待つという戦略もとることが出来ます。

株主還元に積極的な銘柄や増配が続いているような銘柄で、なおかつ成長が期待できそうな銘柄の保有を続けていれば良いので簡単です。あまり注目されていない時期に、そのような銘柄をいくつかピックアップして、大きく下落した際に購入できればかなり有利な状況だと思います。

すべての銘柄が上昇する訳ではないので、含み損や含み益が少ない状態が続くようであれば時期をみて売却します。この繰り返しで銘柄を分析できる力がつけば嬉しいのですが…。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です