本日高値で売却できたと思いきや

Pocket

明日の日銀会合の結果待ちで株価は小幅調整といったところでしょうか。決算発表で一部の個別銘柄については、値幅が大きくなるものも散見されました。このところの日銀会合は無風通過続きでしたが、今回は「何らかの風は吹く」との予想が多く、荒い値動きが想定されます。年初来安値を目安にして割安な銘柄を購入したいところです。

スポンサーリンク

ただ買付余力がある程度限られているので、6月の権利取り直前に購入したGCA(2174)を売却して少しでも買付余力を回復させておきたいところです。SMBC日興証券で購入した100株は先週売却済みで、GMOクリック証券の200株の指値売り注文を継続中でした。

本日前場の高値が、売り注文を出していた指値でした。昼休みの株価チェックで「高値で売却できているだろう」と考えていました。帰宅して約定メールを見ると約定数量:100となっていました。てっきり200株すべて約定していると思っていたので、少しショックです。

今まで指値の売り注文は、最低単元の100株がほとんどでした。6月に売却したトライステージ(2178)は、株式分割もあって800株を売却しました。高く売却できる方が良いですが、売値にこだわるよりも一気にすべて売却したい思いが勝り、前場の成行ですべて売却しました。さすがに指値売りでは、一部だけ約定する可能性も考え初値で売却することにしました。

200株ぐらいであれば一気に約定するだろうとの思い込みと、今までの最低単元の売り注文がほとんどだったことが、招いた想定外の失態でした。指値を少し下げておけば全て約定していましたが、今回は指値を変更せずもう少し待ってみたいと思います。買付余力を少しでも回復しておきたい時に、この一部だけの売却が後々悪い方向に行かないことを願うばかりです。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です