NZドル売りが優勢でNZドル円74円割れ


急に涼しくなり体調があまり良くありません。本日引け後に発表された決算で保有銘柄の昭和シェル石油(5002)の配当増額修正は驚きでした。19年3月期(15ヵ月決算)が決算期変更されているものの、文句のつけようがない決算内容です。

スポンサーリンク

会社側からの修正の理由で

業績予想(2018年5月9日)に対して、原油価格が想定価格よりも上昇したことに伴う棚卸資産評価の影響額の増加や、石油製品マージンの改善等により、売上高、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益が前回予想を上回る見通しとなりました。[中略]

2017年に新たに策定した中期事業戦略において、「更なる株主還元」および「将来の成長に向けた戦略投資」を強化することを資金配分の基本方針としております。[中略]

中期事業戦略に基づく更なる株主還元として、2019年3月末日を基準日とする期末配当予想を1株当たり53.5円増配し、31.5円から85円に修正します。これにより、1株当たりの年間配当金は中間配当金21円とあわせて106円となります。

明日の株価も楽しみですが、2017年の配当利回りが4.29%でした。1株当たり年間配当が106円だと11.97%となり、保有銘柄の利回り順位で一気に上位にランクインする勢いです。

良いことばかりではないのが相場でも人生でも同じです。FXの方はNZドル円が74円を割るレンジで推移しています。市場予想通り政策金利を据え置いたものの、声明で「政策金利を2019年から2020年にかけて維持すると予想」との見解を示すと、NZドル売りが強まったようです。NZドル円は73円80銭付近まで売られ2016年11月以来となる安値を更新しました。

直近のNZドル円のロングポジションはすべて含み損の状況です。本来であれば絶好の押し目と思いロングポジションを増やすところですが、何か嫌な予感がするので明日の夕方まで様子見をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です