日経平均以上に気になるNZドル円為替レート


日経平均は2万2590円86銭(915円18銭安-3.89%)で大引けとなりました。2月6日の1074円安、3月23日の974円安に続く今年3番目の暴落となりました。昼休みに前場の株価チェックをすると、保有銘柄すべてが前日比マイナスという珍しい状況でした。大引けでは5銘柄がプラスになっていました。世界同時株安とニュースで流れていますが、2月3月の頃に比べるとあまり危機感はありません。

スポンサーリンク

購入したい銘柄はありますが、配当利回りを考えるとあまり割安感は感じないのが現状です。それまでは配当と貸株金利の合わせた利回りで、割安株を拾っていく戦略で臨むつもりです。

本日早朝、ノーポジションだった新生銀行FXからNZドル円の約定メールが届きました。約定したレートはNZドル円72.555です。9日にこのレンジまで下落するも約定せず、10日に73台に反発していました。「今回は安値を拾えないか」と半ばあきらめていましたが、今回は待って正解でした。

今回のNZドル円の指値は、約定した72.555以外にも72.333と72.111に配置しています。明日指値注文が約定するような下落が続く場合は、もう少し様子見を続けます。更なる下値に指値注文を行うにしても、来週以降に行う予定です。

明日指値注文が約定しないようであれば、他のFX口座でも指値注文を行う予定です。下げ止まりがどこになるかは分からないので、最初は指値の値隔は大きくとっておき、日が経つにつれ値幅を小さくしていきます。あまり一度に多く約定し建玉が増えすぎると、取り返しがつかない可能性もあるので慎重に臨みたいと考えています。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です