2018 3Q 7-9月 インカムゲイン


2018年7月から9月末までのインカムゲインを集計しました。株式の配当金と貸株・預株の受取金、FXのスワップポイントの合計です。

スポンサーリンク

7月から9月末の貸株・預株の受取合計金額は30719円となり前年比プラス21352円となりました。

  • SBI証券 13354円
  • 松井証券 15717円
  • マネックス証券 287円
  • カブドットコム証券 418円
  • GMOクリック証券 943円

SBI証券と松井証券が前年比プラス、マネックス証券とカブドットコム証券が前年比マイナスとなっています。10月でサービス終了予定の松井証券の預株、9月の月別受取金額の記録を更新しています。8月までは月100円未満だったのが、9月だけで15612円となりました。貸株サービスも利用する予定です。月々の受取金がある程度予想できるメリットはありますが、預株のように良い意味でのサプライズがなくなるのは残念です。

7月から9月末の株式の配当金合計は126530円で、前年比プラス22485円となりました。

7月から9月末のFXのスワップポイント合計は390454円で、前年比マイナス6216円となりました。

7月から9月末のインカムゲイン合計は547703円で、前年比プラス37621円となりました。

株式に関しては概ね順調に推移しています。松井証券の貸株サービスの展開次第では、更なる上積みが期待できるかもしれません。貸株銘柄については、今後も金利と配当利回りを見て銘柄入れ替えを行っていきたいと考えています。

FXの方は、8月にトルコリラ円をすべて損切りしているので、4Qのスワップポイントは前年比マイナスがさらに拡大する可能性が高いと思われます。スワップポイントの前年比マイナス分を株式の配当金や貸株受取金で、埋め合わせできるかどうかカギになりそうです。

スポンサーリンク

カテゴリー: インカムゲイン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です