松井証券の貸株サービス最低金利0.2%は一部の銘柄のみ


本日の日経平均は604円安(-2.67%)と大きく下落しました。チャートを確認すると今年の1月の高値から2月・3月にかけて下落した時と同じように見えるのは気のせいでしょうか。

スポンサーリンク

先月売却したGMOフィナンシャルHD(7177)を700割れで購入しようと考えていましたが、なかなか落ちてこないので松井証券で100株購入してしまいました。権利取り前に700割れがあれば難平買い予定です。松井証券の貸株サービスでの2%金利も購入のきっかけです。

貸株口座開設を行い本日帰宅して、貸株残高一覧を確認しました。金利1%以上の銘柄は事前に知っていましたが、1%未満の銘柄はどうなっているのかが関心ごとです。結果は0.2%の銘柄が6銘柄ありました。ただ松井証券で保有している銘柄はそれ以上あります。つまり最低金利は0.2%ですが、貸株扱いにならない銘柄が他のネット証券と比較すると多いことになります。

以前の投稿で「SBI証券やGMOクリック証券の貸株サービスと比較しても、あまり遜色がないサービス内容」だと書きましたが、これは訂正した方がよいかもしれません。貸株サービス対象銘柄でなければ、金利は0%になります。貸株金利引き上げキャンペーンについても同じで、マザーズ・JASDAQに上場している銘柄であっても、貸株サービス対象銘柄でなければ金利は0%になります。

正直貸株サービスは期待外れの感はあります。まだはじまったばかりでこれから改善されるかもしれませんが、あまり期待せずサービスを利用してみたいと思います。ただ手数料(1日の約定代金合計金額10万円まで0円)については、他のネット証券より良いサービスだと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です