株価反発でも利益確定を優先し買付余力を確保する


本日の日経平均は4日ぶりに大幅反発しました。下げ止まったという程度で、ここから反発するとはまだ思えません。29日、30日と保有銘柄の利益確定売りが約定しています。明日が10月最終日なので、詳細は後日投稿することにします。

スポンサーリンク

買い注文も出しているものの約定する銘柄はありませんでした。買い注文の指値は最初に決めた値のままですが、売り注文の指値は頻繁に変えています。午前中に約定しなければ、昼休みに板情報をみて成行で売却することもありました。年内はネット証券口座に入金しないと決めているので、売却して買付余力を確保することに努めています。


29日、マザーズ銘柄の信用買い評価損益率は-30.29%まで悪化しました。ちなみに30日は-27.69%となっています。売られ過ぎと感じても 11月6日に行われる米国連邦議会の中間選挙までは、買い注文の指値を変えることはないと思います。

11月6日後の月の満ち欠けを調べてみると、11月8日が新月となっています。月の満ち欠けによるアノマリーといっても何の根拠もありません。ただ「新月と満月が相場の転換点になりやすい」とか「満月の日は株価の変動が大きい」などがあります。

当面は11月、12月、1月の権利取り銘柄で、貸株金利のあるものを優先して購入予定です。他の月であっても大きく下落して、配当利回りが魅力的になれば購入する予定です。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です