決算発表で値動きの激しい株式相場


本日、SBI証券の貸株金利の変更が発表されました。保有銘柄で該当したのは、サマンサタバサジャパンリミテッドとマネーパートナーズグループ2銘柄が金利低下、クリークアンドリバー社が金利上昇となりました。貸株金利で銘柄を探していた時期は、株価は堅調でしたが配当利回りは見劣りしていました。今は真逆の状態になっているように思います。

スポンサーリンク

昨日の決算発表で保有銘柄のダイキアクシスがストップ安で大引けとなりました。個人的にはそれほど悪い内容とは思いませんでしたが、ストップ安で引けたことに驚きました。株式分割を行い昨年の配当利回りは5.69%なので、減配がなければ長期保有しておきたい銘柄です。

本日も年初来安値を更新する銘柄が散見されます。マザーズやジャスダックのような新興市場の方が下落幅が大きい印象です。10月下旬の下値を再度狙ってくると考えているので、買いの指値は以前のままです。配当取りでどうしても確保しておきたい銘柄は別ですが、割安で買えるチャンスは確実にゲットしておきたいものです。

前回の安値を大まかな目安にしているので、約定しない可能性もあります。その場合は別の銘柄へシフトします。年初に比べると魅力的な配当利回り銘柄が増えています。焦って購入するよりも、落ちてくるのを待っていた方が今は有利かもしれません。

海外勢の売り崩しや信用買い残が多いことを考えると、ここから上昇する可能性よりも下落に備えて方が良い結果になるような気がします。多くの銘柄を監視していますが、買付余力があまりありません。購入する銘柄は、厳選してみたいと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です