「ゴミ清掃芸人」が見た格差社会の強烈な断面を読んで


マネーパートナーズグループと伊藤忠エネクスから卓上カレンダーを頂きありがとうございます。FXをされている方ならマネパのカレンダーは重宝するかもしれません。株式の配当金は5日までの入金分を入力済みで、残りは週末に行います。日経平均は3日続落でこの間の下げ幅は1000円を超えており、その前の7日続伸で上昇した分は帳消しとなっています。やっと購入できそうなレンジになってきました。12月権利取り銘柄を厳選して安値を拾ってみたいと思います。

スポンサーリンク

年末の大掃除前ということもあり、東洋経済オンラインの記事“「ゴミ清掃芸人」が見た格差社会の強烈な断面”が興味深く最後まで読んでしまいました。

奥さんの妊娠をきっかけに、ごみ収集会社の正社員とお笑い芸人の二足のわらじを履くようになった、お笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一さん。今回はゴミ清掃の現場で働いてわかった、「お金持ち」と「そうでない人」の違いを紹介します。

マシンガンズの滝沢秀一さんは有吉弘行さんのラジオに出ていたので知っていました。ラジオでもごみ処理関係の話をされていたように思います。

出されているゴミの種類から「お金持ち」と「そうでない人」の違いは、言われてみれば納得です。自分の場合はどうなのかみてみると、出すゴミの量はほぼ一定。個人情報のある書類などは必ずシュレッダーを行う。スーパーなどで回収するゴミはその都度持参する。ペットボトルなどは空になったら外出時に必ず持ち出し、ゴミ箱を探して処分するようゴミを溜めないよう心掛けています。

 

と言ってみたものの、「これはいつか使うかも」とか「捨てるのはちょっと惜しい」などと考え、不必要なモノも多くあると思います。去年の今頃は捨てるかどうか迷ったモノでも、今年になれば案外迷わず処分できたりするものです。今からでも少しずつ処分して年末に大量のゴミを出さないよう心掛けたいものです。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です