2018年配当利回りベスト30 後編

Pocket

日経平均は大きく上昇し2万円を回復しました。一時はどうなるかと思いましたが、ひとまず一安心です。本日は配当利回りベスト30の15位から1位までを投稿します。

スポンサーリンク

  • 15位 7.12% 2317 システナ 松井
  • 14位 7.15% 4245 ダイキアクシス SBI
  • 13位 7.63% 6165 パンチ工業 松井
  • 12位 8.02% 6927 ヘリオステクノホールディング 松井
  • 11位 8.07% 2462 ライク 松井

株式分割を行ったシステナが15位にランクインしています。来年、パンチ工業の配当が減額してしまいますが、売却は今のところ考えていません。

  • 10位 8.16% 6652 IDEC 松井
  • 9位 8.54% 3167 TOKAIホールディングス 松井
  • 8位 8.73% 3800 ユニリタ SBI
  • 7位 8.79% 7510 たけびし 松井
  • 6位 9.61% 8096 兼松エレクトロニクス SBI

この辺りは昨年もランクインした常連銘柄です。ランクアップはIDEC、たけびし、兼松エレクトロニクスで、ランクダウンはTOKAIホールディングス、ユニリタとなっています。

  • 5位 10.18% 4658 日本空調サービス マネックス
  • 4位 10.60% 6246 テクノスマート マネックス
  • 3位 11.95% 9622 スペース 松井
  • 2位 14.02% 2170 リンクアンドモチベーション 松井
  • 1位 14.74% 9381 エーアイテイー SBI

テクノスマートが大きくランクアップして4位、昨年1位だったリンクアンドモチベーションは2位となり、エーアイテイーが1位という結果になりました。ベスト5のスペースを除く4銘柄が立会外分売で購入した銘柄になります。

5位以上の銘柄は配当利回り10%以上なので、来年のポートフォリオ表示には薄紫色(色6)色分け更新を行います。7%以上の銘柄は水色(色5)の色分け更新を行いますが、ビーピーカストロールとヘリオステクノホールディングは、他の銘柄と明確に区別する意味もあるので、7%未満のポジションを売却しない限り色分け更新は行いません。

2018年は株式の売却回数が多い年となりましたが、配当利回り30位までにランクインしている銘柄は、売却することなく来年を迎えることになります。

スポンサーリンク

カテゴリー: 日本株式ポートフォリオ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です