分配金利回りの高い上場インフラファンドは気になる

Pocket

2019年のはじまりは、株価は大きく下落し為替は円高へ振れる展開となりました。為替レートは海外勢の売り攻勢もあり暴落し、FX取引をされている方には「新年早々ロスカットとなった」という個人ブログの投稿もありました。今回は無事回避することが出来ても「明日は我が身」と再度気を引き締めて臨みたいと思います。

スポンサーリンク

ある個人ブログで取り上げられていた「上場インフラファンド」は、昨年から投資口価格をチェックしていました。

上場インフラファンドは、約10万円から始められ、安定して利回り5~6%を確保できる、インカムゲイン投資(安定した分配金収入を重視する投資)に最適な金融商品です。

ファンドとは、複数の投資家から、資金を集めて投資し、そのリターンを投資家に分配する仕組みです。そのなかでも、「上場インフラファンド」は、東京証券取引所に上場していて、個人投資家が自由に売買できる、インフラ資産に投資するファンドのことを指します。

ここでいう「インフラ資産」とは、発電所・空港・道路などの社会基盤のことです。ただ、現在、上場銘柄の投資対象は、太陽光発電所に限られています。

「太陽光発電所に限られて」いるのがネックですが、収益の安定性と分配金利回りの高さを考えると無視できません。

私が監視している上場インフラファンドは、昨年秋以降右肩下がりのチャートを形成しており、12月25日に大きな下髭をつけて後に反発している状況です。昨年の安値付近まで下落すれば購入を考えてみても良いですが、現状はもうしばらく様子を見てみたいと思います。

昨年のように上値を追う展開よりも、今年は下値を探る展開の方がより多く発生すると考えています。安値を狙う方針に変更はありませんが、今年は指値買い注文をよりシビアに設定してみたいと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です