2018年のFX口座残高と今年の戦略について

Pocket

今年は上田ハーローから頂いた卓上カレンダーをメインで利用することにしました。米国の経済指標や各国のBankHoliday、金融政策発表日などが明記されており、FX取引を行う上で必要な情報が一目瞭然ながらもシンプルにまとめられています。1月になったので、12月のFXの集計を行ってみました。

スポンサーリンク

昨年度12月末までの売却損合計は-1232800で変わりありません。11月末までの売買益合計は736860で、12月の売買益は15470となっています。12月末までの売買益合計は752330で、差し引きマイナス480470という状況です。11月に含み益のポジションをほとんど決済した為に、12月の売買益は僅かという結果になりました。

2018年のFX口座別残高をみると明暗の分かれる結果となりました。

  • 上田ハーローFX +1825462
  • セントラル短資FX -982921
  • 新生銀行FX +238343

上田ハーローFXが残高を大きく伸ばしましたが、トルコリラ円の損失が発生しているセントラル短資FXは当然のマイナスです。ロスカットされた口座を再編しようとして資金を追加してトルコリラ円の取引、これが大失敗でロスカットは無かったものの昨年の12月末時点で、すべてのポジションを決済しても追加した資金は戻ってこない状況です。

新生銀行FXはスワップポイントに頼らず、売買益を優先する取引を試験的に行ってみました。NZドル円のロングのみでストレスにならない程度売買です。損失を出さないことを第一に考え、少ないロングポジションで売買を行いました。年間でおよそ24万円、月2万円を最低ラインと考え今年は売買益をもう少し伸ばしてみたいと考えています。セントラル短資FXもスワップポイントに頼らず、売買益を優先した取引へシフトして、今年中に残高を追加した資金以上にしてみたいと考えています。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です