貸株金利0.1%の含み益銘柄 1年でどの程度の利回りになるのか

Pocket

パーク24から今年最初の配当金が届きました。優待のタイムズチケットも実用的で大変助かります。確定申告の下準備は出来ていますが、どうもやる気になりません。明日は気分転換にスーパー銭湯に行って、身も心もリフレッシュすれば少しはやる気になるかもしれません。

スポンサーリンク

高配当の銘柄を含み益の状態で長期で保有できれば最高です。株式を保有しているだけで良いので、めんどくさがりの私にはそれに勝るものはありません。ただ現実はそんなに甘くなく、割安と思って購入してもさらに下落することもあれば、業績悪化で減配する銘柄も出てきます。

ただ長期で保有している銘柄の中には、数年間含み益の状態を維持している銘柄も僅かですがあります。配当金以外でその含み益の恩恵に与れるのが貸株サービスです。SBI証券は最低でも0.1%の金利なので、含み益銘柄を1年間(権利取り日は除く)貸株扱いにして、どの程度の利回りになるのかを昨年試してみました。

エーアイテイー0.44%(9381)、沖縄セルラー電話0.22%(9436)、ダイキアクシス0.42%(4245)、プロシップ0.29%(3763)は、合計利回りベスト30にランクインしている銘柄です。それ以外では、HOYA0.39%(7741)、ソラスト0.32%(6197)、バルカー0.2%(7995)、キヤノン0.11%(7751)という結果になりました。金額にすれば1銘柄年間で数百円程度のことに、労力と時間を使うのは馬鹿馬鹿しいと思われても仕方ありません。今は僅かな金額でも今後長期保有する銘柄が増えてくれば、その金額も無視できないものになると考えていますが…。

含み益が大きくなれば、日々支払われる貸株の受取金も大きくなります。逆に含み損の状態が長く続くけば、受取金も少なくなり貸株金利を下回ることになります。昨年は銘柄ごとに計算するのが面倒だったので、一日1円未満の銘柄は除外していましたが、今年から含み益の状態が長く(3年以上)続いている銘柄も、貸株扱いにしてみたいと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す