「レディーファーストって意味不明」と猛反発された記事ネットの反応をみて

Pocket

日経平均はきのうは大幅高で本日は大幅安でした。ただ後場は下げ渋り、きのうの上昇を帳消しにするほどの下落とはなりませんでした。3月末権利取り日まで10営業日を切っていますが、指値買い注文は約定していません。ブレグジッドで一波乱あると考えているので、今回はぎりぎりまで待ってみたいと思います。

スポンサーリンク

「日本人はなぜ席を譲らない?」とツイートしたら「レディーファーストって意味不明」と猛反発されたの記事をみたネットの反応が興味深く取り上げてみました。

電車が到着するや我先にと椅子取りゲームのように小走りに席を取り、座った途端に目をつむる(またはスマホの画面に釘付けになり、周りで何が起きているかを全く見ていない)人がとても多いと感じる。優先席に若者が平気で座っていたりもする。そういう光景を見ると、何かとても殺伐とした気持ちになる。

確かに仰る通りですが、満員電車に毎日乗って通勤してみると自分のことで精一杯で、周りで何が起きているか無関心にもなる気持ちも理解できます。

「紳士たるもの、女性を守り、敬意をもって大切に扱わなくてはならない」という騎士道精神っていうのが鼻につき、自分にとって都合の良い欧米文化だけを紹介している様にも感じます。お辞儀と握手の違いを学校の教師が説明した時に、お辞儀は相手に対して「どうぞ殴ってください」と敵意がないことを表現し、握手は手を握って相手から殴られない様にする為と聞いた覚えがあります。

レディーファーストの由来についても興味深い意見があり「昔の騎士が自分の身を守る為に壁側を歩かせ 先に建物の中に入らせ(暗殺者から身を守る盾)先に食事をさせた(毒味役)」もちろん諸説ありだとは思いますが…。「逆に日本で女性は三歩下がっていくってのは、敵に襲われた時に女性を守る為。三歩下がってたら相手の刀が届かない」というのは知りませんでした。

最後に印象に残ったコメントを引用させてもらいます。

なぜ日本にはレディファーストが根付かないかについてゼミで討論した事がある。
例によって女子学生たちは日本男性批判と想像上の外国人紳士崇拝の言辞を並べていたが、 30分ほどで教授(女性)が静かに、だが力強い声で言い放った。

「レディーが絶滅しつつある日本ではレディーファーストを普及させようがありません」

教授は海外で教鞭を執っていた時期が長いが、茶道華道ともに師範の免許を持つ人。
その教授曰く「与えられる平等や優遇をあさましく求めるのは日本女性特有の醜態」 自らレディとならずして、レディ扱いを求めるのは常軌を逸していますと。

女子学生達はその後しばらく沈黙してましたが、ある女子学生が一言言いました。

「シュウタイって何ですか?」

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 タグ: , , パーマリンク