2019年3月ポートフォリオ

Pocket

3月に入って株式相場は膠着状態が続いています。下落待ちで買いを狙っていたので、3月末の権利取りが出来ずに終了しています。振り返れば3月25日が絶好の買場だったようにも思えますが、年内にもっと良い買場がくることを願うばかりです。

スポンサーリンク

http://woodbook.kir.jp/pf/userpf.php?usid=onomakoto

↑上記リンクに保有株一覧があります。保有銘柄が多く見にくいので、昨年の配当利回りで色分けを行いました。水色(色5)は7%以上10%未満、薄紫色(色6)は10%以上です。年に一回色分け更新を行います。立会外分売で購入した銘柄はメモ欄に「立会外分売」と明記してあります。

  • 3965 キャピタルアセットプランニング 新規購入
  • 8139 ナガホリ 売却
  • 8628 松井証券 一部売却
  • 3948 光ビジネスフォーム 売却

今後の下落局面に備えすぎてしまった感は否めません。前年に比べると配当取りがかなり少なくなっており、今年の年間配当金を考えると指値買値をさらに検討する必要があるかもしれません。

ナガホリと松井証券は権利落ち日に売却しました。配当金計算書が届いた光ビジネスフォームは、本日約定メールが届いていました。「新元号」関連銘柄とのことで昨日大きく出来高が増えました。449円で200株保有、含み損の期間が長く出来れば売却したいと考えていました。昨日の昼に株価チェックをした時に値上がり率が突出していました。買いの勢いは強くストップ高で引けると考えていましたが、引け間際に失速し28日の終値は444円となっていました。

含み益になっているものと思っていたので、終値を見た瞬間は目を疑いました。29日も値動きは激しくなると考え、最初の売り指値はストップ高に設定していました。本日朝、冷静に再考し500円の攻防でまた弱含むと作戦を変更、売り指値は499に設定しました。松井証券で保有していた銘柄なので、手数料のことも考えての指値変更です。3月29日の光ビジネスフォームの株価は始値484、高値520、安値452、終値498でした。4月以降さらに株価が上昇するかもしれませんが、ひとまず利益確定できたので満足しています。

スポンサーリンク

カテゴリー: 日本株式ポートフォリオ タグ: , , パーマリンク