2019年3月もFXの売買は一件のみ 新生銀行FXはノーポジでGWに備える

Pocket

4月でとうとう49歳になります。30代もあっと言う間に過ぎた気もしましたが、40代はさらに短く感じます。平日は労働に多くの時間を割き、休みは家事で一日が終わるような日々です。そんな中モチベーションを維持できているのが、株式やFXなどの取引です。給与所得は今後もほぼ横ばいで推移すると思われるので、別の収入源を確保しておく必要があります。アルバイトをしたいとも思いませんし、採用する側も50歳前後のおじさんを採りたいと思わないでしょう。

スポンサーリンク

時間も投資資金も限られている状況で、一攫千金を狙いたい気持ちはわからないでもないです。ただその分リスクも大きくなります。若い頃であれば失敗しても、また働いて稼ぐという選択肢もありますが、私にその選択肢はありません。大きく下落する局面を狙う逆張りで、時間を味方にしてインカムゲインを増やす方法が私には一番合っていると考えています。

株式では配当金と貸株金利の受取金、FXではスワップポイントでインカムゲインを増やす方法で臨んでいます。いつ下落するのか分からないので、その時に備え買付余力は確保しておく必要があります。今後3年以内には、かつてのリーマンショックほどではないにしても、大きな経済危機はやってくると考えているので、積極的にポジションをとれず今に至ります。

2019年3月のFX売買益は45100円で、トルコリラ円の確定損失は差し引き-380070円という結果になりました。順調に損失を取り戻しているようにみえますが、今回の利益確定で新生銀行FX口座はノーポジとなりました。

GWに備え為替レートも年初のような大きな仕掛けがあるかもしれません。最近の為替レートは大きな値動きがなく、システムトレードを利用していれば、それなりの利益をあげることもできたかもしれません。逆張り狙いにとっては次のチャンスをじっくり待つスタンスで望みたいと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX タグ: , , , パーマリンク