ベイカレントコンサルティング第5回定時株主総会出席

Pocket

日経平均株価は21000円前後が当面の底のような気もしますが、ドル円109円の防衛ラインが突破される円高局面となれば、更なる下値もありそうで買いは慎重になります。本日は5月末日の権利落ち日となります。配当利回りで魅力的な銘柄が増えてきましたが、信用買いの投げ売りで更なる安値を狙ってみたいところです。

スポンサーリンク

2017~8年5月はサマンサタバサジャパンリミテッドの株主総会に出席しました。よく閲覧される投稿だったので今年も行くかどうか迷いましたが、本日は新宿の京王プラザホテルで実施された、ベイカレントコンサルティング(6532)の定時株主総会に出席しました。お土産は京王プラザホテルのバウムクーヘンでした。

企業コンサルティング業務で好業績、2018年12月にマザーズから東証一部へ市場変更、SBI証券の貸株金利2%だったので購入した銘柄です。2017年8月にフューチャー(4722)から不正競争防止法等に基づく損害賠償請求等を求める民事訴訟を提起されています。3月にはフューチャーの株主総会にも出席しているので、両社の総会を比較する意味を含め今回は出席してみました。

上位10名の大株主には外国人の持株比率が目につきます。中でも持株比率1.95%で「GOVERNMENT OF NORWAY」、ちなみにフューチャーの上位10名の株主にも持株比率2%で記載されていました。上場間もない銘柄の株主総会では、代表取締役の思わず聞き込んでしまう説明や、株主にもっと会社のことを知ってもらおうというアピールを期待していましたが、残念ながらそのどちらも感じることはできませんでした。

総会のお土産 バウムクーヘン

株主からの質疑応答でもあまり的を得ない回答のように感じてしまいました。代表取締役社長を実際にみてから、本格的に株式を購入する方がいると聞いたことがあります。今回、フューチャーとベイカレントコンサルティングの両総会に出席してみて、どちらの銘柄を重視するかといえばフューチャーの方になってしまいます。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株主総会 タグ: , , , パーマリンク