アプリ「新生銀行FX(スマートフォン)」を使ってみて

Pocket

本日約定分より株式等の受渡日が1営業日早まりました。4営業日(T+3)だったのが3営業日(T+2)となります。権利付売買最終日が以前と変更になるので注意が必要です。昨日近くのドラッグストアで初めてPayPay(ペイペイ)で決済してみました。使う前はあまり乗り気ではありませんでしたが、利用してみるとカード決済よりもスムーズで使い勝手も悪くありません。新たな決済手段が一つ増えたようです。

スポンサーリンク

2019年7月1日にスマートフォン向けアプリ「新生銀行FX(スマートフォン)」が、Version2.0.0にアップデートしました。以前もアプリをインストールしたことがありましたが、ASUS ZenFone Goでは動作することなく諦めていました。今回のアップデートで利用出来るのではないかと思い、ダメ元で再度アプリをインストールしてみました。

口座番号、暗証番号、パスワードを入力して「ログイン」以前はここでエラーが発生しましたが、今回は建玉照会や口座情報も無事表示されました。キタ━(゚∀゚)━!

新生銀行FXでは、半数以上のお客さまが新生銀行FX(スマートフォン)でのお取引をされております。

やっとその半数以上の仲間入りができたことになります。

使ってみた印象は悪くなく、スマホで4画面チャート日足、1時間足、10分足をすぐに確認できるのは大変ありがたいです。今回のバージョンからマイページ機能が追加され、必要な情報を集約した自分だけの画面を作ることができるようになりました。

本日昼休み、株価チェックもほどほどに為替レートをみると、NZドル円72.70で絶好の売却チャンス到来です。このレンジで新生銀行FXで保有しているロング建玉は、すべて含み益の状況です。やっと含み益になったロングポジションから売却し、いくつかのロングポジションを売却しある程度の利益確定を行いました。残りのポジションはもう少し様子をみて売却チャンスを狙ってみたいと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX タグ: , , , , パーマリンク