リーマンショックの悪夢が思い出された下落局面

Pocket

FXをされている方は昨日の値動きで一喜一憂したことと思います。残念ながら私はあまり喜べない状況となっています。FX口座はロスカットされることなく推移していますが、メインの上田ハーローFXの日次維持率の数値がいつもと違う色で表示され、焦りの気持ちもあり5月~7月のスワップ利益分を損切りしました。

スポンサーリンク

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)8月7日、過去最低水準だった政策金利1.50%を更に1.00%まで引き下げた。市場予想の25bp引き下げよりも大きい下げ幅と、その声明では追加利下げも示唆されてNZドルは急落しました。2008年の金融危機以来で初めて50ベーシスポイントの利下げで、その後にオアRBNZ総裁が記者会見で「本日の決定はさらなる行動を排除しない」「将来的にマイナス金利を導入しなければいけない可能性」と述べると売りが加速、NZドル円で68円を割る水準まで一気に下落しました。

最も影響を受けたのが上田ハーローFX口座で、NZドル円と南アランド円ロング建玉の含み損が一気に膨れ上がりました。他の口座も含み損は増えましたが、買い付け余力は残っています。NZドル円最安値ロング建玉は67.853となっています。

波乱継続を心配しつつの展開がしばらく続くと思います。お盆休みに海外勢の仕掛けがあるかもしれません。

今回の利下げでスワップポイント目当てで、ロング建玉を持つメリットがかなり薄れてきました。上田ハーローFXのロング建玉は売買益で含み損を相殺しています。今後は2019年のスワップポイントも含み損を相殺に充てていこうと考えるようになりました。2008年に開設した上田ハーローFX口座も投資した金額の75%は引き出し済みです。今後は残高をなるべく維持しつつ、建玉を減らすことを優先してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: FX タグ: , , , パーマリンク