ドーン第28期定時株主総会出席

Pocket

実家へ帰省したついでに8月27日に行われたドーンの株主総会へ出席してきました。大阪から電車で気軽に行ける神戸、ただ駅前を歩いている人さえ上品に感じてしまうのが不思議です。関西圏での株主総会は大阪のみだったので、神戸での総会は初めてとなります。会場の三宮グランドビル近くにはビジネスホテルも多く、時間に余裕をもって現地に到着します。

スポンサーリンク

参加人数は40名位で飲み物を頂き開始時間を待ちます。地理情報システムに特化した研究開発型企業で、自治体や行政向けの製品・サービスが多いのが特徴です。配当利回りでは見劣りするものの、今後の成長性と貸株金利が高い銘柄だったので権利取りを行いました。直に代表取締役社長の話や質疑応答の対応をみて、今後の保有方針を決める為に参加してみました。

代表取締役社長の宮崎正伸氏は私の年齢と1年違いです。事業報告の朗読が終了し質疑応答、最初の質問で配当性向についての質問がありました。成長期待で購入した銘柄なので、現状が低いのは仕方ないと考えていました。この点については社長も否定せず認めた上で、赤字でも配当を出していた経緯を説明していました。無配の可能性が低いことで長期保有でも安心感があります。さらに取引先(役所)の採用目安が、10年潰れないくらいの余剰金の金額が重要とのことで、内部留保の必要性をさりげなく説明されていました。

5Gについての質問には、地図と映像を組み合わせたサービスが可能になるとのこと。 スマートフォンのカメラ機能を利用し、通報者の撮影ビデオ映像を使用した通話を行うサービスがLive119です。通報現場と消防司令センター間で迅速かつスムーズに共有することを目的に開発したシステムで、アプリのダウンロードをすることなくウェブブラウザ上でリアルタイム通信を行うための新技術を採用しています。

心理的な余裕がない緊急通報の際にも、簡単な操作で迷うことなく使用できるよう配慮されているとのことです。8月20日には兵庫県警察本部と連携し、110番通報の際にスマートフォンによるビデオ通話を行うシステム「Live110(仮称)」の実証実験を開始したとのIRがありました。

煽り運転対策でドライブレコーダーが売れているそうですが、スマートフォンのカメラ機能で同じようなことが出来るようになれば、一気に注目を集めそうですがどうなるでしょうか。ただ役所や自治体が新しいシステムを導入することに、あまり積極的ではないとの説明もあったので過度に期待するべきではないかもしれません。会社のアピール姿勢も感じましたし、説明もわかりやすく今後も応援したいと感じました。お土産に図書カードを頂きました。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株主総会 タグ: , , , パーマリンク