2日連続ストップ高でまたもや売り時が試される

Pocket

毎日、配当金計算書が届く嬉しい時期となりました。そんな中ノムラシステムコーポレーション(3940)の株式分割通知が届きました。2018年5月に立会外分売を実施、分売は当選せず分売価格割れを待って、2018年9月に購入します。ただ株価は下落の一途を辿ります。2018年12月にナンピン買いを実施。2019年7月30日に1:2の株式分割を実施するも、含み損が解消しない状況が続いていました。

スポンサーリンク

9月10日に具体的な企業名や受注金額など詳細は明らかでないですが、グローバルに展開する国内大手の広告代理店グループ企業より、9月6日にRPA開発を受注したと発表しストップ高469で引けました。悲しいかなストップ高でも含み損は解消していません。

9月11日も前場でストップ高549となりそのまま大引けを迎えました。ナンピン買い分は含み益となりましたが、最初に購入した買値560まであと11と迫っています。「これは損切りでなく利益確定を狙う」を決心し、12日の指値を検討します。

3日連続のストップ高の可能性は低い、おそらく12日の寄りが天井になる、SBI証券のPTS「Proprietary Trading System」(私設取引システム)でが600に届いていない状況でした。ただ出来高は急増しており買いの勢いは強いと考え、549+80で629と設定するも、確定前に少し弱気になり624に指値を設定します。

昼休みに株価をチェックすると、まさかの始値がストップ高649となっていました。帰宅して株価チェックをすると終値が560となっていました。寄りが天井になるのは予想通りでしたが、3日連続のストップ高は予想外でした。

スポンサーリンク

カテゴリー: 個別銘柄 タグ: , , , パーマリンク