日経平均7日続伸で年初来高値更新

Pocket

本日は10月末の権利付き最終日でした。株価が安くなれば購入したい銘柄もありましたが、10月に入ってトレンドが大きく変化しました。本日の日経平均株価は7日続伸で、節目の23000円を一時的に上回り年初来高値更新となっています。

スポンサーリンク

日経平均株価の終値は22974.13前日比+106.86(+0.47%)でした。日経平均が2万3000円台で推移したのは9時3分40秒から7分50秒にかけての5分間ほどの時間でした。その途中でも3000円割れの時間もあり、それを差し引くと合計130秒間、2分10秒間しか3000円台を維持できていないことになります。

ただ2万3000円は昨年5月下旬から8月末にかけて4回ほどトライして失敗したことがある大フシで、そこを5回目に上抜けた果てが10月高値だったという経緯があります。さらに遡る17年にも秋以降に2万3000円に接近しては押し戻されたことが数回ありました。

10月以降海外勢が買い越しに転じたのがこの上昇と考えているので、売り越しになれば下落することになります。この流れに乗り遅れまいと焦って購入しても、どこかで梯子を外されるのがオチです。安値が来るまでじっくりと待つ方が得策のように思います。

年内に「仕事を辞める」決心に変わりはありません。親には年内で今の仕事を辞めることを話しました。電話で話した感じでは特に驚いた感じもなく「時間があれば帰ってゆっくり休め」と予想外の返しでした。年末年始の帰省は人混みで避けたいので無理ですが、旅行のついでに実家へ戻るのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 タグ: , , , パーマリンク