2019年10月ポートフォリオ

Pocket

10月も終了です。株式相場は堅調な地合いが続いていますが、FXの方は未だ含み損が解消しない状況です。NZドル円は70円の壁を突破するかと期待しましたが、残念ながら現時点でも70円を割り込んだ水準で推移しています。

スポンサーリンク

http://woodbook.kir.jp/pf/userpf.php?usid=onomakoto

↑上記リンクに保有株一覧があります。保有銘柄が多く見にくいので、昨年の配当利回りで色分けを行いました。水色(色5)は7%以上10%未満、薄紫色(色6)は10%以上です。年に一回色分け更新を行います。

  • 1489 日経平均高配当株50指数連動型上場投信 一部売却
  • 9279 ギフト 立会外分売で購入
  • 9279 ギフト 売却

8月に追加購入する以前から持っていた日経平均高配当株50指数連動型上場投信3株を売却しました。2018年度の収益分配金は3750円で、年間の利回りは3.75%でした。以前の投稿で「高配当銘柄に投資するETFを増やしてみたい」と言っていたのでは?との指摘は甘んじて受けます。ただ「割安な局面になるまでひたすらチャンスを待ってみたい」とも書いてある通り、年間の利回り3.75%ではあまりお得感がありません。8月に追加購入した3株で、年間の収益分配金が3750円だった場合の年間の利回りは4.22%になります。急落局面で追加購入した買値より更に安値になるようであれば、買い増しを実施します。

ギフトは立会外分売で100株購入できました。マザーズ上場で10月末の権利取りが控えています。「今回の立会外分売は、市場第一部への市場変更における形式要件の充足を図るために行うもの」とあり、1株配30円で株主優待もあり権利を取るべきかどうか悩みました。分売値段4457円でディスカウント率3%、10月25日の前場安値4460高値4525という状況でした。

前場で買値を下回らず権利取りも考えましたが、外食銘柄は相性が悪いことが多く今回も権利取り後に含み損になるのではないかと考え、後場4520指値売り注文を出します。その後も株価チェックしていました。権利落ち後大きく下落し「売って助かった」と思いきや、本日終値4610前日比+260(+5.98%)を見て呆然としました。

スポンサーリンク

カテゴリー: 日本株式ポートフォリオ タグ: , , , パーマリンク