ヘリオス テクノ ホールディング 配当80%減

Pocket

年内で会社を辞めると決めて以降、いらないモノを少しずつ処分してきました。連休中にデスクトップパソコンを置く為に購入した大きい机をやっと処分しました。ノートパソコンを利用しているので必要ない机でしたが、余ったスペースに書籍や書類が溜まって、片付けが面倒になり放置していました。いらないモノを処分しすっきりした気分です。年内に会社を辞める事も上司に伝え、今月下旬からたまった有給を年末まで消化することになります。

スポンサーリンク

「来年から無職になるのか」と思いもありますが、不思議と以前ほど焦る気持ちはありません。ただ保険証がある間にがん検診の予約だけは行いました。内視鏡検査を受けるのは5年ぶりになります。

本題の決算発表でとうとう減配を発表したヘリオステクノホールディング(6927)も処分することになりそうです。2019年4月8日の投稿「リーマンショック前に購入した最後の含み損銘柄を本日売却」で売却した銘柄ですが、2016年1月に購入した100株は現在も保有中です。2018年の配当利回り8.02%、確定損失の穴埋めになればと100株のみ売却せず保有しています。

本日の決算発表で「期末一括配当を従来計画の30円→6円(前期は30円)に大幅減額修正」をみた瞬間、「またかよ」の一言。減配しても保有したいとは思わないので明日売却することになるでしょう。値幅制限下限でも利益は出るものの、ストップ安に張り付く展開だけは勘弁してもらいたいものです。

配当利回りだけで保有を続けるとこのような事になることもあります。中長期保有するのであれば、業績悪化でも減配しないような銘柄を手広く保有している方が良いのかもしれません。

スポンサーリンク

カテゴリー: 個別銘柄 タグ: , , , パーマリンク