2019年の株式売買銘柄の傾向をみてみる

Pocket

今年もあと少しとなりました。仕事を辞めてゆっくりできると思いきや、相場をリアルタイムで見れる環境が楽しく、ネットに依存する時間が多くなっています。ブログも過去の統計を見ながら追記などを行い、少しずつ修正できればと考えています。年末年始は何かと時間がとれそうにないので、今年の株式売買銘柄を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

購入回数は2018年よりも少なくなっています。立会外分売は7銘柄購入ですが、売却済みの銘柄が3銘柄あります。貸株金利の高いニッポン高度紙工業(3891)やメディキット(7749)は、減配か貸株金利の変更が無ければ中長期で保有予定です。6月に東証1部へ市場変更したニーズウェル(3992)は、好業績が続いており今後も増配期待で保有しておきたい銘柄です。

購入する目安は毎年少しずつ変化しており、今年の傾向は増配と貸株金利の高い銘柄が多いように思います。ビーイング(4734)やエフアンドエム(4771)は大きく下落すれば、ナンピン買い予定です。

今年はポジション調整の売買も多く、日本たばこ産業(2914)や日経平均高配当株50(1489)などが安値で追加に購入し、高値で売却を行っています。他にも一度売却し7年ぶりに再度購入したFPG(7148)や、売却後再度安値で購入したアルプス技研(4641)など過去に購入した金額の含み損益の期間をみて、割安と判断すれば指値で購入することもありました。

売却回数も2018年よりも少なく、業績悪化で減配のパンチ工業(6165)は即売却しました。含み損になる期間が長い銘柄を高値で一度利確したキヤノン(7751)住友ゴム工業(5110)パーク24(4666)などは、増配期待も薄れて売却しています。今のところ損切りは、ナガホリ(8139)ヘリオステクノホールディング(6927)サマンサタバサジャパンリミテッド(7829)の3銘柄、イグニス(3689)はイーブンで手数料負けという結果になっています。今年はストップ高の後に売却できる機会にも恵まれ、薄利の積み重ねが出来た良い年だったように思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 タグ: , , , パーマリンク