2019年の取引をふり返ってみる

Pocket

今年からはじめたCFD取引、予想に反してしばらく含み損になっていたGMOクリック証券の日本225株価指数のすべての売玉が、年末ぎりぎりに含み益となりました。金利・価格調整額を上回る利益で決済できました。新たな残りの建玉数売4は、さらなる下落に備え年明けを迎えることになりそうです。

スポンサーリンク

2019年の株式購入回数は29回(そのうち立会外分売は9回)、売却回数は35回でした。保有銘柄は105銘柄となり前年よりマイナス1銘柄でほぼ変わらずとなりました。年間の配当金は797260(799260から訂正)でネット証券に入金した合計金額で割った利回りは、4.52%で共に前年を上回る結果となりました。ただキャピタルゲインについては、前年のおよそ三分の一にとどまり下回る結果でした。

年末の保有銘柄損益率ワースト3ベスト3は

  • 3986 ビーブレイクシステムズ -53.55%
  • 2428 ウェルネット -49.70%
  • 7879 ノダ -22.76%(買値複数ある為平均)

 

  • 2170 リンクアンドモチベーション 1225.00%
  • 2317 システナ 892.18%
  • 7741 HOYA 576.38%

FXについてはトータルで含み損で年明けを迎えることになりそうです。今年の確定損益は今までにない僅かな利益となりました。スワップポイントの受取額が大きく減少している為、来年以降も建玉は縮小方向で考えています。その代わりにCFD取引は、来年以降積極的に売買してみたいと考えています。過去10年分のFXの売買損益額を参考にして、売買両方の建玉で利益を狙ってみたいと考えています。

今年は元号が変わったり、仕事を辞めたりといろいろあった一年でした。相場への探求心と反比例するかのように、労働に対するモチベーションは低下する一方だったので、遅かれ早かれ仕事を辞める事になったと思います。金銭的な不安は多少あるものの、今までのように仕事優先でなく、無理のない生活に困らない範囲で労働を行い、いずれは理想のセミリタイヤを生活を実現したいと思います。

それではみなさん、よいお年をお迎えください。

スポンサーリンク

カテゴリー: CFD, FX, 株式 タグ: , , , パーマリンク