メディキット株式分割発表

Pocket

国内で初めて新型コロナウイルス感染による死者が出ました。国内で感染者が相次いでいることについて、ある閣僚は「こんな身近に広がっているとは驚き」と危機感をあらわにするなど、政権内にも動揺が広がっているとのこと。「逆にこっちが驚く」や「無能」など危機感の無い閣僚への意見、日本の対策発表が「正しく恐れて 人ごみ避けて うがい手洗い」も今更という感じで、海外の方がどのように感じるのか気になります。

スポンサーリンク

http://woodbook.kir.jp/pf/userpf.php?usid=onomakoto

月中なので、ポートフォリオの更新を行いました。

  • 3965 キャピタルアセットプランニング 売却
  • 6569 日総工産 新規購入
  • 4800 オリコン 新規購入
  • 9799 旭情報サービス 新規購入

決算発表後に大きく下落した日総工産を新規購入、オリコンはSBI証券の貸株適用金利5%で打診買い、貸株適用金利の魅力が無くなったキャピタルアセットプランニングを売却し、その買い付け余力で旭情報サービスを新規購入しました。本日も指値買注文を行いましたが、本命銘柄は失効となっています。

決算発表で今年初になる株式分割発表がありました。2019年11月21日の立会外分売で購入したメディキット(7749)です。2020年3月31日を基準日として、普通株式を1株につき2株の分割です。SBI証券で100株当選、業績好調で貸株適用金利2%でしたが2月3日から1%に変更となっています。

申し訳ないですが立会外分売に申込むまで全くノーマークだった銘柄です。チャートを見ると過去10年間ほぼ右肩上がりで、配当について「企業体質の強化を図りつつ、株主の皆様に対して安定的に配当を継続していくことを重視しています。」とのこと。配当性向は約3割ですが、増収増益が継続中で今後も増配が期待できそうです。

スポンサーリンク

カテゴリー: 個別銘柄 タグ: , , , パーマリンク