3日連続で約定続くバーゲンセール

Pocket

本日は2月末権利落ち日です。日経平均は-2%以上下落して終値で22000を割っています。コロナウィルスの影響が今頃株価に反映されるようになってきました。連日の株価下落で年初来安値を更新する銘柄が増えてきました。保有銘柄の含み益が連日削られているものの、今は3月権利取り銘柄を割安で購入できるチャンスでもあります。

スポンサーリンク

今週になって株式の口座へ入金を行いました。マイルールで「株式口座のお金は引き出さない」と決めています。2019年は購入したい銘柄の不足分のみの入金でした。複利運用するのであれば年間配当分で銘柄を毎年購入すべきですが、割安で購入できるチャンスにまとめ買いした方がお得では?と考えています。

個別銘柄を購入する際にも「基本指値買い待ち」で「約定した銘柄が下落しても次の日まで購入しない」など、今まで失敗してきた事を教訓にしてマイルールを作っています。一旦売却して再度安値で買う戦略もあると思いますが、中長期で保有を決めた銘柄は一時的に含み損になる事があっても、不思議と含み益になる事が多いように思います。

本日は後場から参戦、普段なら値幅の少ない時間帯ですが今日は真逆の展開でした。14時前後に日経VI(日経恐怖指数)が30を超えると、値動きが激しくなってきました。まとまった売りが続きあと1円下落すれば約定する手に汗握る瞬間、約定を確信した瞬間に株価は反転し引け迄値を保ち失効する銘柄。最安値で約定したかと思いきやさらに1円下落する銘柄もありました。

欧州時間と米国時間のCFDの値動きを見てから、明日の指値調整を行います。約定ラッシュが続いたのGMOクリック証券のCFD取引は、26日にそのほとんどを決済してしまいました。22000以下に僅かな買い建玉あります。値幅が大きくなると予想して更にその下に指値買い注文を展開する予定です。

スポンサーリンク

カテゴリー: CFD, 株式 タグ: , , , パーマリンク