負けた個人投資家の含み損が多い銘柄ランキングをみて

Pocket

7月22日から観光割引「GoToキャンペーン」がはじまります。乗っかるよりも人混みを避けたいのが本音です。2月に旅行をキャンセルしたので、7月19日から国内旅行に出かける予定です。18切符で今まで行けなかった地域を巡る予定です。関東圏への出入りは新幹線を利用し、泊まるホテルの予約や列車のダイヤグラムもほぼ決まっています。後は天候次第で現地の行動予定を変えるだけとなっています。本日は日経マネー2020年8月号に載っていた「負けた個人投資家の含み損が多い銘柄ランキング」が気になり投稿してみました。

スポンサーリンク

2019年と20年3月末の日本株の運用成績について「(投資元本に対して)1%以上の損失」と答えた人が「最も含み損を抱えている」と回答した銘柄を集計したところ、ある傾向がみられたとのこと。

  • 1位 7201 日産自動車
  • 2位 2914 日本たばこ産業
  • 3位 8411 みずほフィナンシャルグループ
  • 4位 8591 オリックス
  • 5位 9201 日本航空
  • 6位 8306 三菱UFJフィナンシャルグループ
  • 7位 7751 キヤノン
  • 8位 4755 楽天
  • 9位 9202 ANAホールディングス
  • 10位 6178 日本郵政

以前有名な企業の株式を保有しても、含み損になることが多いと投稿したことがありますが、このランキングをみて「やはり」と納得してしまいました。私がこの中で保有している銘柄は2914JTのみで、みなさんと同じく含み損を抱えている状況です。7751キヤノンは以前保有していましたが、こちらは2019年に含み益で利益確定を行いました。

「相場が急落する中で配当や優待目当ての銘柄をなかなか手放せず、大きな含み損を抱えてしまった」との記述が目立っていたそうですが、「企業が倒産しなければいつか株価が戻るのでは」との期待もあるのではないかと思えます。ただ私の今まで経験では株価が戻る事に期待するよりも、他の銘柄を探した方が良い結果になる事が多いように思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: 個別銘柄 タグ: , , , パーマリンク