2020年7月ポートフォリオ

Pocket

梅雨明けせず7月も終了となりました。JR各社の株価が連日の年初来安値を更新している信じられない状況です。保有銘柄の決算発表でJTは配当維持するも、アールシーコアやたけびしは残念ながら減配予想となっています。監視銘柄の決算発表も確認しつつ、次の調整局面では割安なレンジで個別銘柄を購入したいものです。

スポンサーリンク

http://woodbook.kir.jp/pf/userpf.php?usid=onomakoto

↑上記リンクに保有一覧があります。昨年の利回りで色分けを行っています。水色(色5)は7%以上10%未満、薄紫色(色6)は10%以上です。

  • 7177 GMOフィナンシャルHD 売却
  • 2971 エスコンジャパンリート投資法人 新規購入

値幅の小さい月だったのでポジション調整の売買のみとなっています。含み損の期間が気になっていたGMOフィナンシャルHDを一旦売却、株主優待でGMOクリック証券の手数料キャッシュバックがあるので、前回の買値を下回るのであれば次の権利取りで再度購入するかもしれません。

7月権利取り銘柄が少ないこともあり、以前から気になっていたREITをはじめて購入しました。Real Estate Investment Trustの略で、2001年9月にはじめて上場されて以降、今では多くの選択肢があります。最大のメリットは収益のほとんど分配される仕組みで、年間の利回りをみると株式の配当金よりもリートの分配金の方が魅力的な場合もあります。

用途や地域の運用物件によって大きく明暗が分かれます。ホテルだけの用途や地域が東京だけの商品は除外して、予想分配金利回りの高いリートを調べた結果、エスコンジャパンリート投資法人が残りました。直近の値動きは7月8日に高値をつけて、権利付き最終売買日に指値注文が約定していました。

スポンサーリンク

カテゴリー: 日本株式ポートフォリオ タグ: , , , パーマリンク