本日後場にNTTとKDDIをナンピン買いしました

Pocket

はじめに前回投稿した記事で、「今年売却した5年以上保有銘柄」で追記と修正があります。スペース(9622)を追加しました。回収率表(仮)はもう少しbrush upして来月までには完成させてみたいと思います。9月末の権利取りまであと1営業日となりました。年内の配当金額が決まる最後の配当取りで、調整があれば買いたい局面です。下落するまで購入しないので、日々の値幅を予測しつつ指値調整し注文を出します。

スポンサーリンク

購入した銘柄がさらに下落するようであれば追加で購入することもあります。明確な基準はありませんが、損益率マイナス10%辺りが一つの目安になることが多いです。8月末に購入したNTTとKDDIはお察しの通り含み損となっています。他に購入したい銘柄が割安でない為、この2銘柄はナンピン買いを実施することになるだろうと、日々の安値を記録していました。

9月権利取りまでに年初来安値を更新するレンジでの購入がベストですが、そこまで下落しそうにない状況です。KDDIは損益率マイナス10%以上になるもNTTは10%未満だったので、何か別の目安が必要となりました。

両株価の合計が5000未満になるまで購入はせず、指値を調整し安値を狙う作戦としました。9月18日の安値でNTT2240、KDDI2734と購入したいレンジになりました。連休明けの9月23日の安値はNTT2206、KDDI2723でした。24日にNTTは安値更新せず「このままでは購入出来なくなるのでは」と焦る気持ちが強くなります。

そして本日、権利取り最終日に持ち越したくない思いが強く、購入する意気込みで指値調整を行います。前場は両株価の合計が5000未満になる場面がほぼ無い状態でした。昼休みに再度指値調整を行います。「もうダメなのか」とあきらめ気味の後場、しばらくして約定メールが届きました。28日にもっと安く買える局面があったとしても、本日購入できた安心感の方が大きいと感じた一日でした。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 タグ: , , , パーマリンク