トレードアイランド10月までの結果をみて

Pocket

先日、給付金を利用してクラウドファンディングで購入したウルトラモバイルPC(UMPC)がやっと届きました。昨日初期設定を行い最低限のソフトをインストールしました。気軽に持ち運び外出先でも活用できるPCで、スマホと併用すればネット環境で苦労することは無くなったと思います。本日はGMOクリック証券のトレードアイランドの結果を見直し、今後の方針を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ブログで投稿しても「実際の結果はどうなっているのか?」と疑問に思うのは当然のことです。言い訳が出来ないようにトレードアイランドに登録して、今年の月間ランキングの推移を見てみます。2020年の月・収益率・順位です。

  • 1月 1.1% 1688位
  • 2月 -6.5% 16235位
  • 3月 1.1% 1829位
  • 4月 0.8% 3156位
  • 5月 3.5% 2831位

 

  • 6月 -0.7% 16860位
  • 7月 0.1% 2027位
  • 8月 3.7% 2565位
  • 9月 1.6% 2495位
  • 10月 0.8% 1934位

2020年10月の参加者数はおよそ2万となっています。2020年10月までの結果で、10戦中8勝2敗で収益額はプラスとなっています。収益額ではFX>CFD>株式の順で、FXの利益が大きくなっています。

GMOクリック証券の利点は、マイページで資金の振替がスムーズに出来る点です。FXとCFDについては一度CFDでロスカットした経験があるので、両方で同時にポジションを持つ事は極力避けています。勝負どころで資金を集中して余裕を持った取引をするよう心掛けています。

短期決戦でトータルでプラスになるようなポジションを構築し、含み損の建玉も含み益の建玉で相殺できるのであれば、躊躇することなく損切りします。1週間程度である程度成果があれば、少し建玉を残すこともありますが1カ月以上持つことはありません。今後はランキング上位を狙えるよう、効率の良い売買をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: CFD, FX, 株式 タグ: , , パーマリンク